2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

宗教・神社・寺社

2018年7月10日 (火)

180628-0701 永平寺 参禅研修 3泊4日

暖かい季節は初めて伺いました~♪

 

18062826

18062827

18062828

 

【ご注意を…】

この記事の写真は、あらかじめ許可を得たものを撮影しています。

書いてあることは、あくまで、ゆこもりの私感ですので、

笑って読んでくださると有難いです。

 

さてさて…

久しぶりのブログ更新ですが、

ギャラリーのことやアートのことではなく、永平寺参禅研修というsweat02coldsweats01sweat02

ということで、

昨年3月以来、5度目の3泊4日の参禅研修で坐禅をしに、

永平寺さんに行ってきましたーnote

毎度、身が引き締まります…confident

永平寺参禅研修には過去、

2013年2月と、2014年1月2016年2月2017年3月に伺わせて頂いています。

基本的なスケジュールは、前回までとほぼ同じでしたので、

参禅研修の詳細は是非、過去ブログをご覧くださいませ。

ゆこもりは、暖かい時季に伺うのは初めて…coldsweats01sweat01

今回も、昨年と同じ下道を6時間ほどかけて。

まずは、恒例の安房峠越えwinkshine

1806281

昨年は、なかなかの積雪でしたが…

1703091

今年は、清々しい♪

1806282

1806283

途中の九頭竜ダム。

1806284

1806285

1806286

1806287

1806288

1806289

初「ダムカード」note

さすが福井、「恐竜街道」沿いの道の駅

18062810

18062811

舞茸弁当heart04

18062812

冬は気づかなかった、かわいらしい発電所発見dash

18062813

18062814

で、今年は、永平寺周辺が工事中で…

18062824

18062825

いつもはあるはずの駐車場も工事現場になっていて、

さらにいつもお願いしている田中屋さんがお休みsign02

永平寺近くのお店には4日間の駐車は断られ…

どうにか、ちょっと下にある「井の上」さんに車をお願いできました~confident

勿論、帰りには、お土産を沢山!?購入しましたよー♪

いろいろ考慮すると、お得でしたっsign03

18062820

帰りには、ごまとうふソフトうまうまscissors

18062823

この冬の福井豪雪はすごかったそうcoldsweats02sweat02

18062821

18062822

もちろん、永平寺も、廊下のガラスが割れるなど大変だったそう…

18062830

18062831

18062832

いざ、参禅研修へ~dash

18062829

ここからは、携帯も取り上げられ、俗世間とは隔離…。

なので、何かあった用に家族には、

永平寺参禅係の電話を伝えておきます。

ちなみに、世間的には、

W杯サッカーの予選リーグ3戦目ポーランド戦が6/28にあったわけですが

もちろん、下山(あさん)するまで結果はわかりませんでしたgawksweat01sweat01sweat01

で、修行中の雲水(若い僧侶)さんたちは、

W杯サッカーに日本が出場していることはもちろん、

W杯が開催されていることさえもご存じありませんでした…think

17030913

昨年撮影させて頂いた「応量器」の見本と…

17030914

昨年の研修の最後に、実際に雲水さんから見せて頂いた応量器confident

17030915

17030916

雲水さんのこの応量器は五重ですが、

私たちが使う応量器は、略応量器といって、四重です。

正式なものより、一回り小さいですねー。

応量器の一番大きな器が、参禅係の方曰く、

お釈迦様の螺髪(らほつ)を模したものだそうです。

(ゆこもりは頭蓋骨を模したとも、どこかで見ました…)

なので、本当に大切に扱わないとダメで、

持ち運ぶ際も、目線以上に掲げて運びますし、

万が一、食事中とかに落としたりした場合

昔は、下山させられたそうですcoldsweats02sweat02

以前も書きましたが、道元禅師は800年ほど前に

典座教訓」で料理人の心得を説き、

赴粥飯法(ふしゅくはんぽう)」で食べ方を説いていらっしゃいます。

今で言う「べジブロス」も既にされています。

プロ・アマ問わず料理をされる方は特に、是非一度、

3泊4日の参禅研修を受けてもらいたいです~happy02sign03

で、ゆこもりの今年の坐禅はといいますと、

相変わらずの半跏趺坐なのにもかかわらず、

六年間の中で、今までで一番痛くて痛くてsweat02cryingsweat02

思わず何度か、正座でやり過ごすことに…

ああもう、坐禅は無理なのか…

合わないのかなぁ…weepとつくづく思いながら、

四日目最終日の前日に、坐禅の感想や質問をする茶話会があるのですが、

その中で、今回の参禅研修でお世話になった海野布教師の言葉が気になり、

茶話会後、坐禅のやり方について、コツを教わりに…。

すると、海野布教師もはじめはあぐらさえも大変だったそうで、

それでも、結跏趺坐が出来るようになったお話しを伺えて、

「一番のコツは!」と無茶ぶりをしたら、

「出来るだけ、股間にかかとをつけるようにすること」

あ、そうだった…以前その感覚をつかんでた…すっかり忘れてた…coldsweats02

ということで、最終日の朝イチの坐禅で今回初めて、

足を組み替えずに坐れました~~~happy02dashdashdash

でも、横山国際参禅部長さんもおっしゃっていたけれど、

「坐って三日間は痛いのだけれども、四日目以降慣れてくるものです。

ただ、あなたたちはその慣れてくる頃に下山することになる。

なので、帰ってからも、毎日少しの時間でいいから坐ってみてください。」

と過去同様のことを言われたまま、坐っていない…gawksweat02

なので、これを一区切りにして、日頃から坐れるようになったらまた、

伺おうと思いました。

それも、出来れば「接心(せっしん)」に…。

そういう決心をして六年で初めて、警策にも打たれてみました。

 

今回はいつもより、音が大きかったのですが、

 

全く痛くはなく、ただ、その打たれた「感じ」は

右肩に残ったまま、今、思い出しています。

今回参加は、男性9名(途中で1名帰る)、女性9名でした。

今回のメンバーは、年齢もマチマチで、

私ともう一人以外は参禅研修は初めての方ばかりでしたが、

皆さん、すぐに展鉢も覚えて、流れもスムーズでした。

ただ、周りを気にされない御仁がいらっしゃり、

完璧とはいかず、やはり周りを感じることで、

流れるような所作は完結するのだなぁ、と。

で、参禅研修3日目には、恒例の諸堂見学がありましたhappy01

昨年に続き、今年も坐禅時の服装で見学note

18062833

18062834

18062835

この冬は、ここが大雪でガラスが壊れたという…coldsweats02

18062836

緑が眩しかったー♪

18062837

噂のハイキングは今回、なかったなぁweep

いつも、朝課で伺う法堂(はっとう)

18062838

18062839

18062840

18062841

法堂の屋根は、豪勢。

18062859

18062860

そして、その奥にある普段は立ち入り禁止の場所へ…

18062843

18062844

福山管長のいらっしゃるお部屋・不老閣。

18062845

田渕俊夫画のふすま絵。

18062846

日本画の大家・田淵俊夫さんの襖絵heart04(昨年撮影)

17030935

17030932

17030933

17030934

格天井(ごうてんじょう)の間。

18062847

18062848

18062849

脇の廊下にはでっかい太鼓も。

18062850

道元禅師をお祀りしている承陽殿。

廊下を通る際は必ず、こちらに向かって一礼をします。

18062851

18062852

18062853

18062854

18062855

大庫裡(おおくり:食堂)前の韋駄天さま。

18062857

18062856

18062858

今回は、庫裡に朝のお食事(少食)を取りに行かなかったなぁ。

山門の大きな額

18062862

(昨年撮影)傘松閣。格天井が豪華~lovelyheart04

17030936

伊藤深水

17030937

(昨年撮影)花鳥風月以外のモチーフが、5枚だけあって全部みっけnote

17030938

17030939

17030940

17030941

17030942

今回は、夏の安吾中でした。

18062864

今回も、いろいろご縁がありました…wink

18062865

ありがたやありがたやshineconfidentshine

18062866

18062863

にほんブログ村 美術ブログへ

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

2017年6月 4日 (日)

170518-19 三重・京都・信楽・高岡・富山旅行記その① 高北幸矢インスタレーション「落花、奉納。」@椿大神社(三重・鈴鹿市)

高北さんの代表的な展示だと思いました♪

 

1705182

1705183

1705184

1705188

17051812

 

さてさて、

ブログアップが遅れがちですがcoldsweats01sweat01

先月一泊二日で行って来た、

三重~京都~信楽~高岡~富山旅行、総距離900キロの備忘録その①です。

まずは、一昨年の夏、ゆこもりにて個展をして頂いた、

高北幸矢さんの三重・鈴鹿市 椿大神社でのインスタレーション「落花、奉納。」

高北さんは、いろんなステキなところで、

彫って彩色した椿を展示されていますが、

ゆこもりが拝見した中でも、一二を争う素敵な展示ではないか、な。

行ってよかった…happy02

1705180_2

椿大神社は猿田彦大神、

隣の椿岸神社は猿田彦の奥さま・天之鈿女命を祀ってあります。

17051850

17051851

17051853

17051854

17051855

17051856

17051857

椿大神社で「椿」の展示だなんて…まさにhappy01good

17051858

17051859

17051860

素敵な雰囲気♪

そして、すぐお隣は、椿岸神社。

17051861

17051862

17051863

17051865

まずは、椿大神社での厳かな雰囲気の中での展示からconfident

1705189

1705185

1705186

1705187

17051821

もちろん、普通に参拝客がいらっしゃいますconfident

17051822

17051823

なので、展示中は毎日朝晩、展示・片付けをしているとのことでした…coldsweats02sign03sign03

17051810

17051811

17051813

17051814

17051815

17051816

17051817

17051819

ちょうど取材を受けていた高北さん♪

17051818

ずっと張り付きの展示、本当にお疲れ様でしたっっhappy02dashdash

17051820

さらによかったのが、お隣椿岸神社脇にある茶室での展示note

17051897

17051870

松下幸之助が寄贈した茶室だそう!

17051896

17051871

17051872

17051873

17051894

17051880

呈茶も頂きましたnote

17051881

17051883

17051884

17051885

庭を見ると、おっ、やっぱりあるゾ…smile

17051882

17051886

お庭へも入らせて頂けました♪

17051887

17051888

17051889

17051890

17051891

dogの鳴き声みたいな音のする不可思議なシシオドシ…coldsweats02

17051892

17051893

苔の緑に椿の赤、いいですねぇ。

やはり、日本庭園での展示は鉄板でしたgood

芸事の神さまなので、いろんな芸能人の寄付もあるみたいです。

17051895

高北さんが展示をされなかったら、

なかなか伺わないだろう場所でしたので、

こういうご縁もほんと、ありがたやありがたや…shineconfidentshine

そうそう、ここら辺はお茶どころみたいで、

茶畑が広がっていました。

170518100

新茶もゲット♪

170518101

ゆこもりで出てくるかもーnote

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

2017年5月21日 (日)

170521 定期坐禅会@信州松本・浅間温泉・神宮寺

久々に坐ってきましたー♪

 

1705212_2

1705214

 

さてさて、

浅間温泉にある医王山神宮寺で第一・三日曜日に開催されている

定期坐禅会に行って来ましたので、そのご報告です。

神宮寺さんでは以前より、坐禅会をされています

ゆこもりはまだ2回目なのですが…coldsweats01

朝6時前までに集合して、

二柱(一柱15~20分かな?)、

庭の見える広縁や濡れ縁で、

chickの鳴き声に囲まれながら坐りましたーwinkshine

1705213

1705216

1705215

よかった…confident

坐禅のあとは、お粥&たくわん&梅干しを頂けますgood

詳細は、神宮寺さんに問い合わせるか、

神宮寺さんのHPをご覧ください

神宮寺 HP

http://www.jinguuji.or.jp/zazenkai.html

境内には、薬師堂があります。

1705217

1705218

お寺のすぐ隣には、御射神社・春宮もありまーすhappy02

17052110

17052111

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

2017年4月 8日 (土)

170408 東泉部薬師堂例祭@浅間温泉

年に一度の例祭でしたー♪

 

1704080

1704082

 

さてさて、

ゆこもりのすぐ目の前、東泉部お薬師さまの例祭が、

本日ありました。

開催日は年によって違うのですが、

8のつく日に、開催することが多いかな。

薬師保存会は今、ゆこもり所属の「浅間温泉第二町会・三常会」が担っています。

1704081

目の前に立派なしだれ桜cherryblossomがあるのですが、まだつぼみでしたwobbly

松本の開花宣言もそろそろかなーlovelyheart04

あらためて、東泉部のお薬師さまについて。

創建は不詳ですが、

当初は横谷沢にあった荒湯源泉(現在の第2号源泉)付近にあり

湯薬師として信仰されていました。

寛保2年(1742)、横谷沢が大水害により大きな被害を受け、

水害の少ない下浅間へ移されました。

(現在の浅間温泉交番近くの湯薬師

昭和63年(1988)に本尊である薬師如来像を購入、

1704083

現在の御堂は平成5年(1993)に建てられたもので

切妻、銅板葺、平入、桁行き1.5間、梁間2間、真壁造だそうです。

浅間温泉には、3つもお薬師さま(東泉部・北泉部・下浅間)が

各地域に祀られているんですよー。

さすが、湯処good

1704084

いつも、近くの大音寺ご住職に読経をして頂きますconfident

1704085

地域の御大たちの貴重な話を伺えるひとときですhappy02

ありがたやありがたやshineconfidentshine

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

2017年3月17日 (金)

170309-12 永平寺 参禅研修 3泊4日

3月は初めて伺いました♪

 

17030910

1703099

1703097

 

【ご注意を】

この記事の写真は、あらかじめ許可を得たものを撮影しています。

書いてあることは、あくまで、ゆこもりの私感ですので、

笑って読んでくださると有難いです。

 

さてさて、

昨年2月以来、4度目の3泊4日の参禅研修で坐禅をしに、

永平寺さんに行ってきましたーnote

改めて、身が引き締まりました…confident

永平寺参禅研修には過去、

2013年2月と、2014年1月2016年2月に伺わせて頂いています。

基本的なスケジュールは、今回も同じでしたので、

参禅研修の詳細は是非、そちらをご覧ください。

ゆこもりは、3月に伺うのは初めて…。

今回は、下道を6時間ほどかけて。

山あいは久々の降雪で、なかなかの積雪。

1703091

途中の九頭竜ダム。

1703092

1703093

1703094

1703095

3月の永平寺は、雪はそんなに多くはありませんでした。

1703096

例年通り、田中屋さんに車をお願いしましたconfident

勿論、帰りには、お土産を沢山!?購入しましたよー♪

17030919

17030920

1703098
やっぱり永平寺のイメージといえば、もっと大雪なんですけどねcoldsweats01ハハハ

17030911

見学者とは別の入口からー。

17030912

17030913

入口近くにあった「応量器」の見本と…

17030914

研修の最後に、実際に雲水さんから見せて頂いた応量器confident

17030915

17030916

この応量器を使って、三度の食事をします。

以前も書きましたが、道元禅師は800年ほど前に

典座教訓」で料理人の心得を説き、

赴粥飯法(ふしゅくはんぽう)」で食べ方を説いていらっしゃいます。

今で言う「べジブロス」も既にされています。

プロ・アマ問わず料理をされる方は特に、是非一度、

3泊4日の参禅研修を受けてもらいたいですsign03

17030917

永平寺さんは、売店とかがリニューアルしていましたhappy02

で、ゆこもりの今年の坐禅は、

相変わらず半跏で、痛いのも変わらずcrying

坐禅は、合わないのかなぁweep

5年前からお世話になっていた、渡邊布教部部長さんが、

退任されていたのが、とても残念でした…weep

参禅研修の募集は多分、男女各10名ずつだと思うのですが、

今回参加は、男性8名、女性6名でした。

坐禅をするメンバーで、雰囲気が変わる気がします。

男性陣は、私を含め2名以外は初めての方ばかりでしたが、

皆さん、すぐに展鉢も覚えて、流れもスムーズでした。

ただ、女性陣の中に、食べるのが遅い方がいて、

その方に合わせて、食事を終えるという

今までで一番難しいお題にチャレンジしました。

(なぜ難しいかは、坐った方はわかって頂けるかと…。

すっごい遠くまで、気配を感じないといけないんですshock

それに、永平寺では、食事中も坐禅でして、

動作をしながらの坐禅が一番つらいのです…bearingsweat02

それと今回は、女性陣がかなり警策で叩かれていて、

まあ、パチンパチン、うるさいうるさい(苦笑)coldsweats01sweat01sweat01

(ちなみに、ゆこもりはまだ、叩かれたことはありませんwinkshine

巷には、若い雲水さんに叩かれたい人がいるとかいないとか(爆)bearing

そうそう、警策というのは寝ていたり、

集中力が低下して法界(ホッカイ)定印が崩れていたりしたら、

雲水さんから叩かれることもありますし、

坐禅している人が合掌で合図をして、自らお願いすることも出来ますhappy01

警策は大きな音がします。

以前伺ったところによると、音は他の方の坐禅の妨げになるので、

たくわんを噛むのでさえも、なるべく静かに噛むようにします…。

警策もしかり、だと思うのですが…。

そもそも、警策があるから、ちゃんとしなきゃsign01とかって、どうなんでしょうね…gawk

警策の存在意義について、知りたいとも思いました。

で、参禅研修3日目には、昨年同様、諸堂見学がありましたhappy01

今年は初めて、坐禅時の服装で見学note

17030923

山門の大きな額

17030922

17030924

大庫裡(おおくり:食堂)前の韋駄天さま。

17030925

17030926

17030927

道元禅師をお祀りしている承陽殿。

17030928

17030929

朝課も行われる法堂(はっとう)ではこのあと、

東日本大震災7回忌法要が行われ、皆でご焼香をしました…think

17030930

17030931

福山管長のいらっしゃるお部屋・不老閣。

日本画の大家・田淵俊夫さんの襖絵heart04

17030935

17030932

17030933

17030934

傘松閣。格天井が豪華~lovelyheart04

17030936

伊藤深水

17030937

花鳥風月以外のモチーフが、5枚だけあって全部みっけnote

17030938

17030939

17030940

17030941

17030942

今回も、いろいろご縁がありました…wink

17030943

ありがたやありがたやshineconfidentshine

17030921

17030918

【追記】

こんなものがもうすぐ出来るそうでーす♪

~チームラボ、禅文化イメージした新作発表 福井・永平寺の交流施設に常設~

http://fukui.keizai.biz/headline/383/

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

フォト

にほんブログ村

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック