2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2017年11月21日 (火)

171110 TOKYO数寄フェス2017@上野公園辺り(上野)&171110 備忘録

昨年からのイベントだそうconfident

 

Photo_2

17111062

 

さてさて、

2週連続で東京方面に出張した備忘録です。

今回は、上野公園辺りで10日間行われたTOKYO数寄フェス2017

17111061

藝大が中心になって、上野界隈を盛り上げようsign01ということみたい。

17111060

目的は、小沢剛さんたちの講演会note

上野公園スタディーズ01「茶の本を持って、上野に出かけよう」』

小沢剛さんといえば、先日、ブログにアップした横トリの作品 sign01

Photo_4

まさに、裏話をいろいろ聞けて、面白かったーhappy02

やっぱり、大御所・岡倉天心を手がけるのには、躊躇があったみたい。

なんかだんだん、小沢さんが天心に見えてくるから、面白いわーgood

17111062_2

お相手は、今回のディレクターの住友文彦さん。

住友さんは、群馬・前橋のアーツ前橋を仕掛けて、

前橋を現代アートの街にした人というイメージ。

それと、以前、当ブログでもちょっとだけ触れたことのある

昨年のあいちトリエンナーレの芸術監督・港千尋さん。

17111063

当日はイベント初日で、金曜日だったこともあり、

夜も結構な人出でしたー。

公園の池には、

大巻伸嗣

「プラネテス -私が生きたようにそれらも生き、私がいなくなったようにそれらもいなくなった-」

17111065

17111067

17111068

17111069

17111070

17111071

ライトアップがキレイで、

スモークの演出までされていましたーheart04

ちなみに、昼間はこんな感じ。

Web

(WEBより拝借)

大巻さんは、昨年のあいちトリエンナーレも面白かったし、

昔の、横トリのシャボン玉も印象に残ってるなあ。

池の周りには、他にもいろいろ

17111072

17111073

17111075

17111076

17111077

17111078

公園自体も、ライトアップされていましたconfident

 

TOKYO数寄フェス2017 HP

http://sukifes.tokyo/

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

続きを読む "171110 TOKYO数寄フェス2017@上野公園辺り(上野)&171110 備忘録" »

171110 工芸館開館40周年記念特別展 陶匠 辻清明の世界―明る寂びの美@東京国立近代美術館工芸館(竹橋)

今月23日までっshockdash

 

1711102

1711103

1711104

 

さてさて、

ゆこもりブログではおなじみの東京国立近代美術館工芸館。

1711105

今回は、焼〆陶の大家

辻(点はひとつだそうだけど、この字しか出ない…)清明さんの

没後10年&工芸館開館40周年記念の特別展。

辻清明(1927-2008)さんは、

1955年に東京・多摩に登窯を築いて以降、

信楽の土を用いた無釉焼き締め陶を活動の中心とした作家さん。

ゆこもりの勝手なイメージだけど、

まさしく「THE 陶芸家」という感じhappy01

それにしても、もう10年も前に亡くなっていらっしゃったんだなあ。

ゆこもりが陶芸を見出したおよそ30年前から拝見していたので、

ちょっとショック…weepsweat02

窯焚きをされている映像なんか見ると、

まだご存命な感じがします…。

17111011

まあゆこもりも、そういう年代になったんですねぇdespair

で、薪窯でいろいろ制作されているのですが、

1711106

信楽陶缶

今回は、カメラ電池切れsign01のため、スマホにての撮影…gawk

こんな不思議な「空き缶」みたいなものや、

1711108

信楽大合子「天心」

でっかい鈴のようなオブジェのようなふたものcoldsweats01

1711109

信楽金棒

か、金棒sign02coldsweats02sweat01sweat01

17111010

何本も焼かれている様子でしたhappy01

17111012

杖や三宝や軍配sign02

もちろん、ちゃんと?したものもありますconfident

1711107

信楽練上陶筺「室生寺」

17111013

信楽盤

盤だけど、面白いなぁーnote

17111014

信楽山羊角杯・馬角杯・虎馬上杯・犬

17111015

信楽鯰・木菟・鳥・珍獣・亀

やっぱり、変なものばかり(苦笑)coldsweats01

そして、辻さんは、コレクターでもあり、

愛知陶磁美術館に寄贈されたのか、

所蔵品の展示もありましたwinkshine

17111016

姥口鉄銚子・赤絵蓋

蓋が赤絵のおちょこみたいなカタチ。

江戸時代みたいですね、おしゃれだなぁーsmileハハハ

やっぱり、お手本や面白いもの・すきなものを

身近に置いていらっしゃったんだなあgood

17111017

お茶目っnote

17111018

17111019

17111020

ちょうど、小学生の社会見学?の団体さんもconfident

素晴らしいですねーwinkshine

最後のコーナーは、他の作家さんの所蔵作品いろいろ

17111021

ちょうど大好きな壽雪さんの鬼萩割高台茶碗が~~~heart04heart04heart04

17111022

奥の写真には、若い頃の辻さんと

備前の大御所・金重陶陽さんや

私が一番はじめに作品を好きになった藤原啓さんと一緒に写っていますheart04

面白い作品だらけなので、

23日までですが、是非、実際に見に行ってくださいませーhappy01dash

陶匠 辻清明の世界―明る寂びの美 HP

http://www.momat.go.jp/cg/exhibition/tsuji_2017/

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いしますnoteheart04heart04heart04

2017年11月19日 (日)

171119 第1回浅間温泉枕ンピック@浅間温泉オンベリコが開催されました~♪

お越しくださった皆さま、ありがとうございましたっ!

 

171119

 

さてさて、

ゆこもりでもずっと、ご紹介してきました

「浅間温泉タビオコシ会」主体で開催の

「第1回浅間温泉枕ンピック」のご報告です♪

ゆこもりは、ギャラリーを臨時休廊してのお手伝いcoldsweats01sweat01

(本業、大丈夫かsign02

ゆこもりのお客様もお越しくださり、

ゲームを楽しんでくださった模様ーhappy02dashdash

ありがたやありがたや…shineconfidentshine

今日は、午後から風が強かったものの、

晴れてまさに、「枕投げ日和」good

1711191

1711192

1711193

どんな大会だったかと言いますと…

枕投げに関する新しいゲームを3つ楽しんで頂き、

抽選会では、浅間温泉内の旅館や日帰り温泉の入浴券、

飲食店のお食事券やお土産屋さんのお饅頭などが、

空くじなしで当たるという、かなりお得なものwinkshine

①フライング枕

1711196

1711195

②バトル枕

1711198

1711197

朝日があたってキレイ…shine

17111913

信州プロレスリンダさんはじめ、皆さんが参加してくださり…

17111914

一般の方々と、白熱した試合になりましたーhappy02

③ターゲット枕

17111910

1711199

小さいお子さん用のスペースも確保heart04

171119100

ミニ・バトル枕(笑)

171119101

信大の武者ゼミの学生さんたちにも、ご協力頂きましたー。

17111911

ありがとうございましたっsign03

1711194

スタッフは、羽織を着て、若旦那っぽくbleahshine

17111915

バルーンショップアヤさんにも、お越し頂きましたっflair

会場には、さらに不思議な方も…

17111916

17111917

けものステーションのジャックさんでした~confident

お越しくださった皆さま、今大会のために、御協賛頂いた各所、

そして、お手伝いくださった皆さま、

本当にありがとうございました…cryingsweat02

17111918

第1回浅間温泉枕ンピック インスタグラム

https://www.instagram.com/1st_asamaonsen_makuranpic/

 

※タビオコシ会は引き続き、参加者絶賛募集中heart04でーすwink

浅間温泉内でやってみたいことのある方、是非ご提案くださいっっsign01

さらに、いろんな穴場に行けたり、温泉spaに入れたり出来るかも…bleahshine

気になる方は、ゆこもりまで言ってくださいませーdash

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

2017年11月17日 (金)

171102 横浜トリエンナーレ③横浜赤レンガ倉庫1号館など(横浜)

その3は、赤レンガ倉庫とかー♪

 

171102100

171102101

 

さてさて、

11/5まで開催されていた横浜トリエンナーレ2017

その備忘録その3ですーnote

最初、2号館にいってしまい、早速迷う…coldsweats01

今回の中では、一番面白いブースだったかなぁーnote

小沢剛「帰って来たK.T.O」

171102102

小沢さんは、昨年の金沢21C美術館以来かな。

当時は、藤田嗣治になりきっていたけど、

今回は大家・岡倉天心がターゲットhappy01dash

171102103

プロモーションビデオのような映像と…

171102110

171102111

171102112

171102113

五浦(いづら)の六角堂ですねー。

171102114

看板絵画の二本立てnote

171102104

171102105

今回は、なりきっているのではなく、

なんだろう…、とある人の「白昼夢」みたいに思えましたsmileハハハ

後日、裏話を伺えたので、それはまた~happy01

クリスチャン・ヤンコフスキー

171102122

これも、不可思議な作品だった…coldsweats02

街中にある銅像を、

ウエイトリフティングの選手みんなで上げるという…coldsweats01sweat02

171102107

171102108

171102109

171102120

レーガンなんて、上がらなかったcoldsweats02sweat02

171102121

171102122_2

171102125

171102123

思わず爆睡してしまった(苦笑)

171102124

171102126

宇治野宗輝 「プラウィッド新地」

171102130

171102131

171102132

まるでアトラクションwinkgood

171102133

171102134

171102135

171102136

171102137

171102139

面白かったなぁ~note

照沼篤郞

171102140

171102141

171102142

171102143

絵の中に、動画が組み込まれているという…winkshine

171102144

赤レンガ倉庫は、いい雰囲気でしたねーheart01

171102150

この階段は、いつも怖い…coldsweats01sweat01

171102151

171102152

17110218

171102153

岸には、海保の船note

171102154

171102155

崎陽軒のどんぶりーheart04

次に向かう途中に目立つライトアップsign01

171102160

171102161

171102162

柳幸典@横浜市開校記念会館

岡倉天心はここで生まれたそうhappy02

171102170

171102171

171102172

171102173

171102174

171102175

171102176

171102177

171102178

171102179

171102180

171102181

171102182

171102183

171102184

171102185

日本国憲法第9条の断片なわけですねーconfident

171102186

171102187

171102188

171102189

171102190

171102192

171102193

171102200

17110222

171102201

171102202_2

171102203

肝心の展示を見忘れたみたい…coldsweats02sweat02

 

まあ、個別の作品で、面白いものがあったので、

横浜まで行った甲斐がありましたーnoteheart04heart04

横浜トリエンナーレ2017 HP

http://www.yokohamatriennale.jp/2017/

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

2017年11月 8日 (水)

171102 横浜トリエンナーレその②横浜美術館(横浜)

横トリメイン会場

 

17110245

Photo_4

Photo_2

Photo_3

 

さてさて、

11/5まで開催されていた横浜トリエンナーレ2017

備忘録その2でーすnote

新港ピアとかは覚えているけど、

横浜美術館は、横トリの会場としても、来た記憶がない…coldsweats01ハハハ

17110240

黄金町から、シャトルバスが出ていてラクでした。

ただ、着いたところは裏?の入り口で、

危うく表?のアイ・ウェイウェイの作品を見逃すところでした…coldsweats01

17110241

17110242

難民が実際に使った?救命ボート&救命胴衣の作品。

17110243

17110294

17110295

磁器でできた河蟹

17110246

入ってすぐ、でっかいオブジェがお迎えnote

17110247

17110248

日頃の美術館の造作に、

舞台を設置しているご苦労が垣間見えます…despairsweat01

17110249

【ミスター】

17110250

【4人の作家の合作】

前に描かれたものを見ないで、次の人が描くという手法だそう。

17110251

なぜか、マン・レイの写真も展示されていました。

17110252

【プラバワティ・メッパイル】

17110253

写真ではわかりづらいですが、銅線を張りつめています。

17110254

【ケイティ・パターソン】

17110255

化石を丸く削って、ネックレスにsign01

17110256

星☆みっけheart01

【川久保ジョイ】

17110257

この動画は何だったのだろうsign02

17110258

懺悔室みたいなところに、4人で詰め込まれました…shock

17110259

17110260

【畠山直哉】

17110261

17110262

【マウリツィオ・カテラン】

17110263

17110264

17110296

17110265

【風間サチコ】

17110267

17110266

17110268

【オリバー・チャナリン】

17110269

17110270

【イアン・チェン】

17110271

【マーク・フスティニアーニ】

17110272

17110297

これは不思議だった…

どうやら、ミラーとマジックミラーを駆使しているらしいthink

17110273

【ワエル・シャウキー】

17110274

【オラファー・エリアソン】

17110275

17110276

オラファー・エリアソンといえば、金沢21C美術館ですね♪

17110277

17110278

17110279

17110280

17110281

学芸員さんが、ワークショップの準備をされていましたーnote

元々は、難民救済のWSだったそうで、

日本に難民はごく少数なので、

今回は難民に関することを学びながらのWSだそう。

17110283

【ザオ・ザオ】

17110284

「ヨコハマラウンド」

17110285

17110286

17110287

横トリの会議をそのまま見せるという、面白い試みでしたねーgood

17110288

17110289

17110290

この講座は、受講してみたかったなあnote

【風間サチコ】

17110291

17110292

実際にはんこを押せたので、

ゆこもりは、安定の「ぼっち」を選びました(苦笑)coldsweats01sweat01

17110293

ざーっと見ただけなので、なかなか意味までは把握できず…

でしたが、メイン会場だけあって、見応え十分でしたーwinkshine

その3横浜レンガ倉庫に続きまーすhappy01dash

 

横浜トリエンナーレ2017 HP

http://www.yokohamatriennale.jp/2017/

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

171102 横浜トリエンナーレ2017その①@黄金町バザール2017(日の出町辺り)

11/5まででしたーbearing

 

17110216

17110223

17110227

 

さてさて、

11/5まで開催されていた横浜トリエンナーレ2017

その備忘録ですーnote

横浜トリエンナーレ(以下横トリ)は、初めて伺ったのが9年前

当時は、いろいろ刺激的な作品があって、楽しかったのを覚えていますhappy01dash

そのときに比べると、ご多分に漏れずやはり、規模は縮小傾向かな…think

そんな中でも、新鮮な作品を数回に渡りご紹介~smile

まずは朝一で、

高山明/PortB「遠くを近くに、近くを遠くに、感じるための幾つかのレッスン」

1711025

この作品は…

1711021

なんと、遊覧船に乗船で~すgood

1711022

1711023

1711024

1711026

1711027

橋にも作品が…

1711028

これも、高山さんの作品だそうnote

1711029

17110210

使われていなさそうな艀(はしけ)

17110211

実際には行けなかったけど、中華街winkshine

17110212

17110213

ベイブリッジnote

17110214

大桟橋note

17110215

17110216_2

海上保安庁の船note

結構デカいんですねーhappy01dash

17110217_2

17110218

この後ご紹介する赤レンガ倉庫event

17110223_2

17110224

つ、つごう…coldsweats02sweat02

さすが横浜coldsweats01sweat01

こういうものまで一瞬、アートに見えます…coldsweats01sweat01sweat01sweat01

そうそう、高山作品自体は、

乗船中イヤホンをつけて、インタビューを聞くというもの。

黄金町バザール内にもブースがありました。

17110225

17110226

作品自体は、う~んbearing

だけど、船に乗る体験をさせてもらえたのは嬉しかったです。

出来うるなら、船に乗る意味が見いだせたり、楽しいものだったら、

腑に落ちたかなあ。

船ではしゃぎすぎて、スタッフにたしなめられたcoldsweats01sweat02

高山さんは、船に乗せて、

「あれ」を聞かせて、何を感じさせたかったのだろう…。

そういえば以前の横トリは映像・動画系が多くて、

ゆこもりは楽しめなかったことを思い出しました。

で、黄金町バザール自体も、

いろいろなブースがありました。

17110228

9年前と変わらず、どこか怪しい雰囲気が混在していました…think

17110230

17110231

17110232

17110229

横浜トリエンナーレ②横浜美術館に続きまーすhappy01dash

横浜トリエンナーレ2017 HP

http://www.yokohamatriennale.jp/2017/

17110233

人なつこい猫がお出迎えしてくれましたーheart04

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

2017年10月27日 (金)

171020 ⑤超絶記録!西山夘三のすまい採集帖@LIXILギャラリー(京橋)&171020 備忘録

11/25までです♪

 

Photo_5

Photo_6

Photo_7

 

さてさて、

久々の東京出張~。

備忘録その5は、京橋のLIXILギャラリーにて開催中の

超絶記録!西山夘三のすまい採集帖」でーすhappy01note

いやー、面白かった~winkshine

西山夘三さんは、日本のすまい研究を牽引してきた建築学者さん。

17102069

17102070

幼少期、漫画家を目指しただけあって、絵がうまーいhappy01dash

17102067

17102068

17102071

いろんな住宅を、時には実際に住んだりもして、

写真やイラストにして、残されましたーnote

17102072

17102073

17102074

あの!同潤会アパートにも、お住まいでしたーhappy02dash

17102075

こんな住宅も、緊急避難的にあったんですねえcoldsweats02sweat02

17102076

17102077

最近人気スポットの軍艦島もsign03

17102078

17102079

国立近代美術館でも、住宅展やっていますが、

こちらも是非~good

超絶記録!西山夘三のすまい採集帖@LIXILギャラリー HP

http://www1.lixil.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_003793.html

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

続きを読む "171020 ⑤超絶記録!西山夘三のすまい採集帖@LIXILギャラリー(京橋)&171020 備忘録" »

171020 ④アルベルト・ヨナタン「TERRENE」@ポーラミュージアムアネックス(銀座)

11/5までー♪

 

17102093

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

 

さてさて、

久々の東京出張~。

備忘録その4は、インドネシア出身の

アルベルト・ヨナタンさんの展示&トークイベントですhappy01note

17102080

17102081

17102082

17102083

作風その1は、ひたすら型で繰り返し作ること。

17102084

17102085

17102086

17102087

17102088

17102089

「繰り返し」ということで、

以前、近江八幡のアールブリュットの美術館で拝見した、

とある身障者のことを思い出しました。

「型もの」をただひたすら繰り返し作る、繰り返し作る…think

そこには、修行僧とか、無心の何か…のようでした。

ヨナタンさんに、そのことを話したら、

ご家族がクリスチャンで、ご自身もいろんな宗教や瞑想に

ご興味がおありとのこと。

改めて、「繰り返す」という行為には、「何か」あると思いましたconfident

と、もう一つの作風は、

「陶」という「崩れない」ものを作ることに対する「葛藤」

から生まれたもの。

17102090

17102091

この作品はもう、焼いていなくて、

種を仕込んでおいて、芽吹くという…coldsweats02sweat02

陶芸家というより、土を介したインスタレーション作家さんでした…confident

17102094

17102095

動画(画像)作品とヨナタンさん。

17102096

ポーラは、以前(こちらこちら)でもご紹介したとおり、

いつもすてきな展示をされますnote

17102092

今回も、いろいろなご縁がありました…wink

ありがたやありがたやshineconfidentshine

ポーラミュージアムアネックス HP

http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/index.html

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

2017年10月25日 (水)

171020 ③八木一夫と清水九兵衞 陶芸と彫刻のあいだで@菊池寛実記念 智美術館(港区虎ノ門)

12/3までです♪

 

17102052

 

さてさて、

東京出張その3備忘録は、

菊池寛実記念 智美術館で開催中の

八木一夫清水九兵衞 陶芸と彫刻のあいだで」です~happy01note

今回は、大好きなアーティストの展示のハシゴ…coldsweats01

八木一夫も、大・大・大好きな陶芸家のお一人lovelyheart04heart04heart04

一方、清水九兵衞さんは実は、よく知らなかった…think

もちろん、お名前は知っているし、

今はもうなくなった神奈川県立近代美術館鎌倉(鎌近)とかで、

野外彫刻とかは見ていました。

でも、肝心の陶芸作品をほとんど見たことがなかったような…coldsweats01

で、分かったことは、養子さんで、

彫刻を含め、いろいろなことにチャレンジされていて、

20年ほど、陶芸をされていない時期があるくらいsign01

清水家では、異端児だったのではないでしょうか…。

で、なぜ、八木一夫と清水九兵衞の取り合わせなのか…think

4歳差で、同じ京都・五条坂辺りに住まい、

代々続く、陶芸一家のおうち…。

でも、どうやら、一緒に創作活動をするといった

表だったことはされていないよう。

でも、「オブジェ焼き」といわれる彫刻とも言える作品と

器中心の陶芸を行き来した、最初の世代だったのだと思います。

今まさに、ゆこもりの作家陣の源流は、

ここ」にあるといっても過言ではないのです…confident

八木作品では、「ザムザ氏の散歩」を初め、

Photo_7

(WEBより拝借)

黒陶作品群など、全容が見られまーすhappy02

二口壺(1950 京都国立近代美術館蔵)なんて、

Photo

(WEBより拝借)

もろに、ミロの影響受けてるでしょsign03とか、

書簡(1964 サントリー美術館蔵)とかの

「むにょむにょ」したところは、実は奥様がお手伝いされたらしいとか、

ステキな耳寄りな情報いろいろも、ちょっと伺えてラッキーhappy02note

一方、清水九兵衞作品はというと、

元々、藝大工芸科の鋳金を出ているだけあって、

金属の「薄さ」みたいなものを追求しているところがあり、

花器(1955 東京国立近代美術館蔵)なんて、

Photo_2

(WEBより拝借)

フォルムと薄さのギリギリを攻めて割れたので、

土台部分にしたのは、それを逆手にとった結果だそうcoldsweats02sweat02

ユニットオブジェ(1956)

Photo_3

(WEBより拝借)

ほんと、「土」で出来るギリギリを模索されたんだろうなあ…confident

この作品はどうやら、当時は積み重ねて展示したらしいcoldsweats01sweat01

それと、実は一番好きだったのは、

七代六兵衛として制作された

載土容 黒釉&淡青釉茶盌(1998頃)

多分、同じ型から作られているその形状は、

大胆にも正面に穴が空いていますsign03

それが、法界定印のようにも見えて…confident

是非、見に行ってくださいませ…winkshine

 

菊池寛実記念 智美術館 HP

http://www.musee-tomo.or.jp/exhibition.html

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

2017年10月24日 (火)

171020 ②国立新美術館開館10周年 安藤忠雄展―挑戦―@国立新美術館(六本木)

12/18までです♪

 

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

 

さてさて、

久々の東京出張~happy01note

備忘録その②は、国立新美術館にて開催中の安藤忠雄展です。

17102021

17102022

安藤忠雄さん(以下安忠)は、言わずと知れた建築家。

安忠建築はやっぱり、コンクリートの打ち放しが特徴的ですかねー。

細かいところは、こちらに掲載されているので、

お任せするとして(苦笑)

なんと言っても今回の展示で圧巻なのは、

大阪にある安忠建築の代表作「光の建築」を

実物大でまさしく「増築」してしまったことーhappy02

17102030

17102031

ここは、写真撮影可でしたnote

17102032

17102033

17102034

17102035

17102036

『やるね、安忠&新美』good

撮影可、もう一カ所は直島ブース♪

17102037

17102038

17102039

他にも、今までの安忠建築の模型や動画・画像がこれでもかsign03

と展示してありますhappy01

12/18までなので、是非note

17102028

17102027

17102029

 

国立新美術館も相変わらずステキ…winknote

17102020

17102023

17102024

17102025

17102026

 

国立新美術館開館10周年  安藤忠雄展―挑戦― HP

http://www.nact.jp/exhibition_special/2017/ANDO_Tadao/

http://www.tadao-ando.com/exhibition2017/

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

より以前の記事一覧

フォト

にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック