2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 180628-0701 永平寺 参禅研修 3泊4日 | トップページ

2018年7月18日 (水)

180707 砂連尾理WS【Metamorphose - カフカの変身から考える生の揺らぎ】by信大北村ゼミ

信大・北村ゼミによる砂連尾理(じゃれおおさむ)さんのワークショップ(WS)

 

18070757

18070769

180703

 

さてさて、

既に10日余りが経ってしまいましたが、

ダンスのWSの備忘録を。

そもそもは、まつもと広報だったか、ツイッターだったか…

市民参加募集を見て、

以前から、ゆこもりの守備範囲とは、

アートとして、真逆の位置関係だと解釈している

「ダンス・踊り・音楽」

つまり、

工芸⇔ダンス・踊り・音楽

「もの」として残る⇔その場限り

出来上がるまで時間がかかる⇔(練習に時間はかかるものの)即興性が高い

などなど。

ゆこもりでも時々、企画展に付随して、コンサートを開催しますが、

客層が全く違うのも実感していましたし…

まあ、そんな今までご縁の薄いダンスには、

実のところ、アートとしての可能性を感じていて、

即興性の「妙」と身体で表現するところなどは、

是非とも、取り入れたいところ

今回のWSを企画した信大の北村ゼミは、

過去、いろいろと面白いイベントをやっていて、

もう10年近く前になる2009年の松本オムニバスは、

今はなき、片倉モール脇のカフラス前で、

踊りのパフォーマンスをしたり、

2011年には、縄手通りで、ダンスパフォーマンスをしたり。

で、講師にお迎えした砂連尾理さんは、

高齢者とダンスをするなど、

ダンスの多様性・可能性を探っている方のよう

はじめは、今年2月のWS…

1802071

1802072

1802073

このときも、初日のWSには伺えず、

二日目の感想講評会から出席。

で…

春さき5月から、本格的に始動

はじめは、信大人文学部校舎にて、

3・4年生たちと、市民参加の方と、

用意された衣服を使って着せ合うといった、体を使った協働作業から。

写真は、「引っ張り合う」だったかな??

1805312

要は、身体的な「制限」をかけることによる

「動き」の可能性を探っていたのであろうと推察するのですが、

でも結局、これらがどう本番に作用したのかゆこもりにはよくわからない…

でも単純に、学生さんと、何かを探っていく感じは、

面白い作業でした~

1805311

砂連尾さんと北村先生

1805313

今回の「お題」になったカフカ。

1805314

1805315

1805316

学生さんそれぞれが、自分のやれること・やりたいことを発表。

ゆこもりもすべての練習に参加出来たわけではないのですが、

途中、劇中で流す素材を学生さん・一般参加の方と、

池田町の限界集落まで行ったりもして

18062421

18062431

18062432

18062436

18062439

18062429

ここで撮影した学生さんの写真は、劇中でスライドショー、

採取した音声も使われました。

この池田町の限界集落は、

一時、林業で栄えた村も、今は数件しか居ないというところ。

それが、人の「老い」とも似ている気がして、

今回の「変身」というキーワードとも、絶妙にリンクしている気がしました。

「変身」というのは、「老化」などもある意味「変身」なわけで、

どんな人にも起こりうることということもあり、

身近なこととして、引き寄せやすい題材でもありました。

また、「変身」は、多様性ともリンクしていて、

「なんでもあり」な「カオス」な感じはきっと、

砂連尾さんの狙っているところでも、あったのではと思います

そして、おのおのの自主練など経て、

本番のまつもと市民芸術館にての練習へ…

初日練習の様子。

1807031

知人で、日本舞踊をされている知人をお誘いもして。

1807032

18070310

まあまあの広さに、ちょっとビビる

18070311

化粧も「変身」ですものねー

18070316

ちょっと参加していない間に、すごいまとまっていて、

ゆこもり的には出る幕なし(苦笑)

もともと、「踊る」ことは難しいなあ…と思っていたので、

砂連尾さんと話して、裏方的立ち位置に。

そこから、「観る」側と「演者」側を「繋ぐ」というか、

境目を「外す」ことが出来れば…と思っていたけど、

今回は、ちょっと難しかった…

で、あっという間に通し稽古最終。

1807067

Hさん、はっちゃけてたなぁ~

1807066

お子さんまで出演

泣こうが、わめこうが、それも取り入れる砂連尾さんの貪欲さ

さらに、砂連尾さんが教壇に立たれている立教大の方も参加。

18070611

そしてそして、前日、大雨のせいで、ことごとく高速が使えなくなる中、

ギリギリで、佐久間新さん、ほんまなほさんも到着し、通し稽古に参加。

前日夜にやっと、全員揃うという凄まじさ…

18070612

18070618

18070624

そして、いよいよ、7/7の本番の様子ですー

18070732

まずは、砂連尾さんの前説?から。

18070733

お客さんをほぐしているところ。

18070734

18070736

ちなみに、いろんなパフォーマンスが同時多発しています

18070739

18070741

手話の出来る学生さんの観客を巻き込んだパフォーマンス

18070742

と、そこに絡む佐久間さん。

この絡みが、学生さんを浮かせずに、シームレスにしていました。

一緒に限界集落まで行った素材でのパフォーマンス

18070743

18070744

18070751

洋服を使った制限下でのパフォーマンス。

18070745

空手の型の人と歩行アシストロボット「クララ」の通販販売員(客席から乱入)とのコラボ

18070746

18070747

18070748

18070749

18070750

そして、徐々にカオスへ

18070752_2

18070753

18070754

18070755

かけ声で皆、一斉に駆けずり回ります

18070757_2

そして皆倒れ、静寂が訪れ…

18070758

咆吼があり、再生へ

18070760

ほんまなほさんの私小説的朗読

これは、ほんまなほさんの「静かなる」咆吼で、

ゆこもりはちょっと、受け止めきれないほどでした…

18070763

18070764

佐久間新さんの鬼気とした踊り

18070765

18070761

18070767

18070768

18070769_2

18070770

最終章は、歩行アシストロボット「クララ」を装着した高齢者を交えて。

18070771

18070772

バックで流れていたほんまなほさん演奏のガムランの音色が心地よかった

まさに、緊張と弛緩

練習中も、子供たちが興味津々

18070728

最後のご挨拶

18070773

18070774

そして、WS後のトークセッション。

18070775

18070776

18070777

いやー、この備忘録を書くのも、

ちょっと手をつけ始めるのに時間がかかりました

今回、どちらかというと外野的立ち位置で、

つかず離れず、様子を見て、

最初は、タモさんが、ミュージカルを揶揄っていたスタンスに似て、

すごい動きの踊りを見ると、ちょっと笑ったりしていたゆこもりも、

砂連尾さんの

学生や一般参加の素人のいろんなパフォーマンスの要素を

練習の中で試行錯誤しながら、絶妙に組み替えて、

余すところなく使うどころか、

出来そうな人にはさらに無茶ぶりをしながら引き上げ、

少しでも違和感があると、否定せず(ここ大切ですよねー)にさりげなく修正をし、

(その違和感がゆこもりがまさにウ~ムと思うところだったのでちょっと嬉しかったり

さらには要素同士を組み合わせてコラボまでさせ、

そこに、盟友の佐久間さんや、

実は今回の「変身」の肝では…と思うほんまなほさんを最後に据えて、

(どうやら、ほんまなほさんにはやって欲しいことをなんとなく伝えているのみ、だったよう)

しっかり鑑賞できるものにまで仕上げるという…ウ~ム

もしかしたら、「踊り」の世界独特の手法なのかもしれないけれど、

もちろん分野で、やり方・流儀が違うのは当たり前としても、

準備を重ねて、時間をかける「こちらの手法」

(段取りを踏んで踏んで、ガチガチに固める

とは全く違うやり方に、

「頭の硬い」ゆこもりの今後の方向性を多様化する一助に出来たら、と思いました。

そして、すべての運営を学生に任せ、

招聘した砂連尾さんに委ねた北村さんの立ち位置も面白いなぁ、と。

ゆこもりだったら、うちの「場」でだれか、キュレーターを呼んできて、

その人にすべて任す、みたいなものだから、

いやー、想像しただけでもドキドキするわー

北村さんと砂連尾さんの信頼関係でもあるのでしょう。

今回のいろんなご縁に感謝…

 

Metamorphose - カフカの変身から考える生の揺らぎ】

信州大学人文学部 × 砂連尾理 × 公募メンバー × 観客 HP

http://kitamurawszemi.tumblr.com/

にほんブログ村 美術ブログへ

   

元気が出るので、読んだら是非、ポチっとお願いします♪

« 180628-0701 永平寺 参禅研修 3泊4日 | トップページ

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ゆこもりのオススメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 180628-0701 永平寺 参禅研修 3泊4日 | トップページ

フォト

にほんブログ村

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック