2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 西山光太 陶展Ⅲ 作品紹介その2(鉄釉&粉引など) | トップページ | 171110 TOKYO数寄フェス2017@上野公園辺り(上野)&171110 備忘録 »

2017年11月21日 (火)

171110 工芸館開館40周年記念特別展 陶匠 辻清明の世界―明る寂びの美@東京国立近代美術館工芸館(竹橋)

今月23日までっshockdash

 

1711102

1711103

1711104

 

さてさて、

ゆこもりブログではおなじみの東京国立近代美術館工芸館。

1711105

今回は、焼〆陶の大家

辻(点はひとつだそうだけど、この字しか出ない…)清明さんの

没後10年&工芸館開館40周年記念の特別展。

辻清明(1927-2008)さんは、

1955年に東京・多摩に登窯を築いて以降、

信楽の土を用いた無釉焼き締め陶を活動の中心とした作家さん。

ゆこもりの勝手なイメージだけど、

まさしく「THE 陶芸家」という感じhappy01

それにしても、もう10年も前に亡くなっていらっしゃったんだなあ。

ゆこもりが陶芸を見出したおよそ30年前から拝見していたので、

ちょっとショック…weepsweat02

窯焚きをされている映像なんか見ると、

まだご存命な感じがします…。

17111011

まあゆこもりも、そういう年代になったんですねぇdespair

で、薪窯でいろいろ制作されているのですが、

1711106

信楽陶缶

今回は、カメラ電池切れsign01のため、スマホにての撮影…gawk

こんな不思議な「空き缶」みたいなものや、

1711108

信楽大合子「天心」

でっかい鈴のようなオブジェのようなふたものcoldsweats01

1711109

信楽金棒

か、金棒sign02coldsweats02sweat01sweat01

17111010

何本も焼かれている様子でしたhappy01

17111012

杖や三宝や軍配sign02

もちろん、ちゃんと?したものもありますconfident

1711107

信楽練上陶筺「室生寺」

17111013

信楽盤

盤だけど、面白いなぁーnote

17111014

信楽山羊角杯・馬角杯・虎馬上杯・犬

17111015

信楽鯰・木菟・鳥・珍獣・亀

やっぱり、変なものばかり(苦笑)coldsweats01

そして、辻さんは、コレクターでもあり、

愛知陶磁美術館に寄贈されたのか、

所蔵品の展示もありましたwinkshine

17111016

姥口鉄銚子・赤絵蓋

蓋が赤絵のおちょこみたいなカタチ。

江戸時代みたいですね、おしゃれだなぁーsmileハハハ

やっぱり、お手本や面白いもの・すきなものを

身近に置いていらっしゃったんだなあgood

17111017

お茶目っnote

17111018

17111019

17111020

ちょうど、小学生の社会見学?の団体さんもconfident

素晴らしいですねーwinkshine

最後のコーナーは、他の作家さんの所蔵作品いろいろ

17111021

ちょうど大好きな壽雪さんの鬼萩割高台茶碗が~~~heart04heart04heart04

17111022

奥の写真には、若い頃の辻さんと

備前の大御所・金重陶陽さんや

私が一番はじめに作品を好きになった藤原啓さんと一緒に写っていますheart04

面白い作品だらけなので、

23日までですが、是非、実際に見に行ってくださいませーhappy01dash

陶匠 辻清明の世界―明る寂びの美 HP

http://www.momat.go.jp/cg/exhibition/tsuji_2017/

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いしますnoteheart04heart04heart04

« 西山光太 陶展Ⅲ 作品紹介その2(鉄釉&粉引など) | トップページ | 171110 TOKYO数寄フェス2017@上野公園辺り(上野)&171110 備忘録 »

その他の企画展」カテゴリの記事

ゆこもりのオススメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2469162/72073033

この記事へのトラックバック一覧です: 171110 工芸館開館40周年記念特別展 陶匠 辻清明の世界―明る寂びの美@東京国立近代美術館工芸館(竹橋):

« 西山光太 陶展Ⅲ 作品紹介その2(鉄釉&粉引など) | トップページ | 171110 TOKYO数寄フェス2017@上野公園辺り(上野)&171110 備忘録 »

フォト

にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック