2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 170314 タビオコシ会3月例会@浅間温泉手しごと館 | トップページ | 170304 マティスとルオー展 ―手紙が明かす二人の秘密―@パナソニック 汐留ミュージアム&170304 備忘録 »

2017年3月17日 (金)

170309-12 永平寺 参禅研修 3泊4日

3月は初めて伺いました♪

 

17030910

1703099

1703097

 

【ご注意を】

この記事の写真は、あらかじめ許可を得たものを撮影しています。

書いてあることは、あくまで、ゆこもりの私感ですので、

笑って読んでくださると有難いです。

 

さてさて、

昨年2月以来、4度目の3泊4日の参禅研修で坐禅をしに、

永平寺さんに行ってきましたーnote

改めて、身が引き締まりました…confident

永平寺参禅研修には過去、

2013年2月と、2014年1月2016年2月に伺わせて頂いています。

基本的なスケジュールは、今回も同じでしたので、

参禅研修の詳細は是非、そちらをご覧ください。

ゆこもりは、3月に伺うのは初めて…。

今回は、下道を6時間ほどかけて。

山あいは久々の降雪で、なかなかの積雪。

1703091

途中の九頭竜ダム。

1703092

1703093

1703094

1703095

3月の永平寺は、雪はそんなに多くはありませんでした。

1703096

例年通り、田中屋さんに車をお願いしましたconfident

勿論、帰りには、お土産を沢山!?購入しましたよー♪

17030919

17030920

1703098
やっぱり永平寺のイメージといえば、もっと大雪なんですけどねcoldsweats01ハハハ

17030911

見学者とは別の入口からー。

17030912

17030913

入口近くにあった「応量器」の見本と…

17030914

研修の最後に、実際に雲水さんから見せて頂いた応量器confident

17030915

17030916

この応量器を使って、三度の食事をします。

以前も書きましたが、道元禅師は800年ほど前に

典座教訓」で料理人の心得を説き、

赴粥飯法(ふしゅくはんぽう)」で食べ方を説いていらっしゃいます。

今で言う「べジブロス」も既にされています。

プロ・アマ問わず料理をされる方は特に、是非一度、

3泊4日の参禅研修を受けてもらいたいですsign03

17030917

永平寺さんは、売店とかがリニューアルしていましたhappy02

で、ゆこもりの今年の坐禅は、

相変わらず半跏で、痛いのも変わらずcrying

坐禅は、合わないのかなぁweep

5年前からお世話になっていた、渡邊布教部部長さんが、

退任されていたのが、とても残念でした…weep

参禅研修の募集は多分、男女各10名ずつだと思うのですが、

今回参加は、男性8名、女性6名でした。

坐禅をするメンバーで、雰囲気が変わる気がします。

男性陣は、私を含め2名以外は初めての方ばかりでしたが、

皆さん、すぐに展鉢も覚えて、流れもスムーズでした。

ただ、女性陣の中に、食べるのが遅い方がいて、

その方に合わせて、食事を終えるという

今までで一番難しいお題にチャレンジしました。

(なぜ難しいかは、坐った方はわかって頂けるかと…。

すっごい遠くまで、気配を感じないといけないんですshock

それに、永平寺では、食事中も坐禅でして、

動作をしながらの坐禅が一番つらいのです…bearingsweat02

それと今回は、女性陣がかなり警策で叩かれていて、

まあ、パチンパチン、うるさいうるさい(苦笑)coldsweats01sweat01sweat01

(ちなみに、ゆこもりはまだ、叩かれたことはありませんwinkshine

巷には、若い雲水さんに叩かれたい人がいるとかいないとか(爆)bearing

そうそう、警策というのは寝ていたり、

集中力が低下して法界(ホッカイ)定印が崩れていたりしたら、

雲水さんから叩かれることもありますし、

坐禅している人が合掌で合図をして、自らお願いすることも出来ますhappy01

警策は大きな音がします。

以前伺ったところによると、音は他の方の坐禅の妨げになるので、

たくわんを噛むのでさえも、なるべく静かに噛むようにします…。

警策もしかり、だと思うのですが…。

そもそも、警策があるから、ちゃんとしなきゃsign01とかって、どうなんでしょうね…gawk

警策の存在意義について、知りたいとも思いました。

で、参禅研修3日目には、昨年同様、諸堂見学がありましたhappy01

今年は初めて、坐禅時の服装で見学note

17030923

山門の大きな額

17030922

17030924

大庫裡(おおくり:食堂)前の韋駄天さま。

17030925

17030926

17030927

道元禅師をお祀りしている承陽殿。

17030928

17030929

朝課も行われる法堂(はっとう)ではこのあと、

東日本大震災7回忌法要が行われ、皆でご焼香をしました…think

17030930

17030931

福山管長のいらっしゃるお部屋・不老閣。

日本画の大家・田淵俊夫さんの襖絵heart04

17030935

17030932

17030933

17030934

傘松閣。格天井が豪華~lovelyheart04

17030936

伊藤深水

17030937

花鳥風月以外のモチーフが、5枚だけあって全部みっけnote

17030938

17030939

17030940

17030941

17030942

今回も、いろいろご縁がありました…wink

17030943

ありがたやありがたやshineconfidentshine

17030921

17030918

【追記】

こんなものがもうすぐ出来るそうでーす♪

~チームラボ、禅文化イメージした新作発表 福井・永平寺の交流施設に常設~

http://fukui.keizai.biz/headline/383/

にほんブログ村 美術ブログへ

   

読んだらポチっと、お願いします♪heart04heart04heart04

« 170314 タビオコシ会3月例会@浅間温泉手しごと館 | トップページ | 170304 マティスとルオー展 ―手紙が明かす二人の秘密―@パナソニック 汐留ミュージアム&170304 備忘録 »

ゆこもりのオススメ」カテゴリの記事

宗教・神社・寺社」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2469162/69947304

この記事へのトラックバック一覧です: 170309-12 永平寺 参禅研修 3泊4日:

« 170314 タビオコシ会3月例会@浅間温泉手しごと館 | トップページ | 170304 マティスとルオー展 ―手紙が明かす二人の秘密―@パナソニック 汐留ミュージアム&170304 備忘録 »

フォト

にほんブログ村

最近のコメント

最近のトラックバック